サラリーマンが初副業!カシャカシャビジネスって稼げるの?

 サラリーマンが初副業!カシャカシャビジネスって稼げるの?

副業がメジャーになりつつある

皆さんは副業に興味を持ったことはあるでしょうか?副業とは本業とは別の仕事のことで、サイドビジネス、複業とも呼ばれることもあるもののことです。
2000年以降インターネットの急激な進化とSNSなどの発達によって社会は大きく変化し、働き方収入を得る方法も変化しました。

そしてネットを使ったネット副業というものが世間一般にも広く知れ渡りました。
今回は副業についてと私も実践している今注目されている新たなビジネスであるKasya2-Business(カシャカシャビジネス)について説明してきたいと思います。

副業がメジャーになってきたワケ

副業がメジャーになってきた理由は大きく3つあります。
1つ目は景気の悪化。

日本は2008年アメリカのリーマンブラザーズが経営破綻したことにより日本にも大きな不景気の波が襲いかかってきました。
日本の経済は低迷を始め多くの企業が倒産、リストラを余儀なくされました。給料やボーナスの減給がいろいろな会社で行われ私たちの生活は一気に厳しいものになりました。

危機感を感じた賢い人たちは本業の他に新しい収入源を作るために副業を始めました。
日本にはもともと内職という文化が存在しているので様々なものがありましたがインターネットの発達によってネットを使ったネット副業が盛んに行われ始めました。

これが副業がメジャーになってきた2つ目の理由です。ネット副業のいいところは肉体的な労働が少ないことです。
以前の副業は体を使った力仕事が稼げる仕事として認知されていたので副業というにはいささか無理をしなくてはなりませんでした。

深夜帯の警備のバイト、工事現場の作業員などの肉体労働は本業に支障をきたす可能性をはらんでいますし継続性のあるものではなく長期的に安定した収入を得ることが難しかったんです。

しかしネットを使った副業ならパソコンを使った自宅での作業や、休日カフェなどに行き作業することも可能なので肉体的な負担が少なく時間や場所を指定することもないので本業に支障が出にくいです。

しかも今は多種多様なネット副業があります。これが副業がメジャーになってきた理由の3つ目です。
例えばクラウドソーシングという副業の場合、作業時間や場所は自分で決めることができますし、パソコンがあればすぐにでも始められます。

仕事はクラウド内で募集された内容の文書作成やデザイン作成が主な仕事です。
依頼者と内容、納期、提出時のファイル形式など細かくやり取りをして仕事の依頼を受けます。あとは納期までに完成させ納品するだけです。

自分のペースで仕事ができるため主婦やサラリーマンなどに人気の高い副業です。
他にもバイナリーオプション、FX、せどり、チャットレディーなど様な副業がありますが近年新たにKasya2-Business(カシャカシャビジネス)というネット副業が注目を集めています。

ここからは私も実践しているKasya2-Business(カシャカシャビジネス)について紹介していきたいと思います。

今注目のKasya2-Business(カシャカシャビジネス)とは

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)とはスマホを使った副業です。スマホに搭載されているカメラ機能で写真を撮って販売するというなんとも簡単なビジネスです。
この簡易性と手軽さがウケて若者を中心に幅広い年齢層から支持を受けている今一番ホットなネットビジネスです。

このビジネスは片桐 和子(かたぎり かずこ)さんという方が代表をしているスマホビジネスです。
Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)の特徴は簡単、手軽、しっかり稼げるという特徴を持ち写真でお金を稼ぐ画期的なビジネスです。

ここ数年でネットが発達したこともあり企業は多くのサイトを設営しています。
サイト内では見やすさ、わかりやすさ、インパクトのために画像をサイト内で多く使用していますがその多くはフリーのイラストから画像を引っ張ってきています。

しかし、フリーのイラストは種類の多さからマンネリ化しており企業やウェブライターにとっては欲しい画像の入手が困難になってきています。
そうなると企業はカメラマンに依頼をし望みの写真を撮ってもらいます。しかし、これには多くのコストがかかるため企業側としてはデメリットになってしまいます。

そこで私たちのような素人が写真を撮って売ることで企業側はコストを抑えることができ、投稿した私たちにも利益があるためWINWINの関係を作ることができます。
ここに目をつけたのがKasya2-Business(カシャカシャビジネス)です。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)のイイところ

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)には様々な利点があります。
まずはその手軽さです。お手持ちのスマホを使って写真をとるだけでお金を稼ぐことができます。これなら年齢や性別を問わず老若男女どなたにも行えます。

今までの副業はクラウドソーシングのようにパソコンを使って仕事をしなくてはいけませんでした。パソコンを使った仕事はスキルや能力を必要とします。
タイピングだったり、エクセル、ワードの技術が必要なためお世辞にも始めやすい副業とは言えません。

また、クラウドソーシングの場合、Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)とは違いある程度の作業時間を必要とします。最低でも1時間から2時間は必要です。
その作業時間はパソコンの前で集中して作業をしなくてはなりません。

小さい子供がいる主婦の方ならわかると思いますが、1日安定して確保できる時間ではありません。ましてや子供が熱を出したら仕事を休まなくてはいけません。
そうなれば安定した収入を得ることはできませんし。次の仕事をもらうことも困難になります。

クラウドソーシングはネットビジネスの中でも安定して稼げるビジネスと言われていますが、それでもこう言った危険やリスクもあります。
それに引き換えKasya2-Business(カシャカシャビジネス)なら作業はたったの数分です。もし時間に余裕がある時は写真を撮り溜めしても構いません。

スマホ一つで持ち運びも便利なため外出先でカシャカシャっと写真を撮るだけで収入を得ることができます。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)のイイところはまだまだあります。
初期投資がかからないことです。初期投資は副業にとって大きな壁の一つでもあります。

ネットビジネスを始める際はその多くがパソコンを必要とします。
パソコンをお持ちでない方は購入しなければいけませんし、ネット環境がない方は準備しなくてはいけません。

パソコンも安く買える時代になりましたがそれでも初期投資として5万円以上はかかるでしょう。
そのお金を捻出するのに苦労するでしょうし、FXを始めるなら初期投資はもっとかかります。

FXは高収入を得ることができるネットビジネスの代表的なものでサラリーマンに人気が高いです。
Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)と違い時間も手間もかかる副業です。まずFXは自己投資金を使って外国為替の変動を予測しドルやユーロ、円の変動差額を利用し儲けるものです。

この予測はプロでも難しいもので熟練のトレーダーでも1日に数百万の赤字を出すこともあります。ハイリスクハイリターンがFXの特徴です。
しかし、Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)ならリスクが小さくリターンも大きいです。その秘訣は作業効率にあります。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)の場合外出先や自宅で写真を撮って販売するだけで稼げちゃいます。画面を何時間も見ている必要はありません。
自分のライフスタイルを変えることなくお金が稼げちゃうんです。そもそも素人がFXを始めてもそんなに簡単に稼げません。

為替の知識やレートの動き方を長い時間をかけて勉強することで初めて安定した収入を得ることができるのです。始めはうまくいかないでしょう。
投資を続けているうちに資本金がなくなり辞めざるをえないという状況になるのがオチです。FXを始めた多くの方が陥りやすいパターンです。

始めた人の数パーセントしか成功できなしでしょう。そうなると副業としてはリスクが高くあまりお勧めできません。
何度も言いますがKasya2-Business(カシャカシャビジネス)ならお手持ちのスマホで簡単に始められます。効率良くお金を稼ぐならKasya2-Business(カシャカシャビジネス)がベストです。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)誕生の背景

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)が誕生したのはある主婦の思いつきがきっかけでした。
冒頭度も少しお話ししましたがこのKasya2-Business(カシャカシャビジネス)は片桐 和子(かたぎり かずこ)さんという方が代表を務めています。

片桐さんはもともと専業主婦で2人のお子さんを持つ主婦でした。2人とも成人し子育ても糸段落した時生きがいを失ったような状態になったそうです。
軽い喪失感にあった片桐さんは何かやりがいを見つけよと様々なことにチャレンジしたそうですがどれも合わず悩んでいた時期が続いていたそうです。

子育てを終えた主婦にありがちな燃え尽き症候群というやつですね。そんなある日片桐さんの娘さんがふとこんな話をしてきたそうです。
「お母さん、この前こんなことがあったんだよ。」

話によると娘さんの撮った写真をSNSに公開したところその写真を買い取りたいというダイレクトメッセージが来たそうです。

それは企業からのDMでした。その時片桐さんは「へぇ〜、そんなこともあるのね。」と返したそうですが、その時に「娘にもできるなら私にもできるかも・・・。」と考えこのKasya2-Business(カシャカシャビジネス)の原型であるサイトをオープンさせました。

すると始めたその週で10万円も稼ぐことができたそうです。驚きと戸惑いを感じながらも続けたところその月で60万円も稼いだそうです。

その時に私がやりたいのはこれだと感じた片桐さんはKasya2-Business(カシャカシャビジネス)を立ち上げました。
そしてきっかけをくれた娘と就職したが収入に満足していなかった長男を誘い本格的にカシャカシャビジネスビジネスの運営を行っていくことにしました。

その後は2人もKasya2-Business(カシャカシャビジネス)を実践しながら母である片桐 和子(かたぎり かずこ)さんをサポートしながら充実した毎日を送っているそうです。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)を始めるにあたって

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)を始めるにあたって幾つか必要なことや注意点があります。
まずは必要なものからです。基本的にスマホがあればすぐに始めることができます。

写真を加工する必要はありませんが最近のスマホには加工機能も搭載されているので写真のクオリティーが上がるのであれば活用するのもいいでしょう。
ただ、加工に時間がかかるようであればお勧めできません。

なぜなら、最大のメリットを阻害するからです。Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)最大のメリットはその手軽さです。
写真を撮るだけでできるこのビジネスは効率的で簡単にできるのが特徴です。カシャカシャと写真を撮って枚数で勝負しましょう。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)を始めるときは新しい銀行口座を開設しプライベートと分けるのがおすすめです。
プライベートの口座と一緒にしてしまうと何が何だかわからなくなります。

しかも今月はいくら稼げた!来月はコレを超えるように頑張ろう!!というモチベーション維持にも繋がります。

副業をしているときはモチベーションを保つことも需要なことです。

収入を得るというのが一番モチベーションを高めることに繋がるのでわかりやすくしておきましょう!

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)で使える!写真を撮る時のテクニック5選

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)で売れやすい写真と売れにくい写真というものがあります。
基本的なことは実際に最初に教えてくれますが、私が個人的に使えるなと思ったテクニックがあるのでご紹介したいと思います。

1つ目まず写真を撮る時は何を被写体にするのかはっきりと限定しましょう。
写真の中に複数の被写体があると何を撮っているかがわからなくなります。

例えば下の写真を見てみてください。この写真はもみじを撮影した写真です。

画面いっぱいのもみじの鮮やかな赤が美しい一枚です。
もちろんこの写真もいいと思います。ですが下の写真を見てください。

この写真はもみじの木を別角度から撮影した写真になります。この方が淡い紅葉の赤とこれから寒さの厳しい冬の訪れを感じさせるなんとも秋らしい写真だと思います。
今回のような写真の場合被写体を定めることでいつもとは違う写真になったり当然人によって感じ方は違うと思います。

ただ、私が実際にKasya2-Business(カシャカシャビジネス)で出展した場合前者の写真より後者の方が売れるように感じます。
人間の目は手前にあるものにピントをあわせると後ろの背景がぼんやりとします。このテクニックを使用すればよりリアルな写真を撮影することが出来ます。

2つ目のテクニックです。
人物を撮影する時ははっきりとした表情で喜怒哀楽がしっかりと現れているものがいい!

その写真がどんな写真なのか、何を表しているのかを明確にしたほうが売れやすいです。写真の中の人物のリアクションはオーバーなくらいがちょうどいいです。

喜怒哀楽がはっきりしていることで写真を使う側としては状況をイメージさせやすく、印象に残りやすいです。

サイトを作成する場合企業はテキストを入力しその間にイメージとして写真を貼り付けるのですが、その写真次第では感じ方、イメージが全く異なってしまいます。

例えば商品の魅力を伝える際、笑顔の写真と暗い表情の写真だったらどちらのほうが好印象でしょうか?
もちろん前者だと思います。私もそう思います笑

人は視覚による見た目が全体の印象を大きく判断するための一つのポイントであることは皆さんもご存知だと思います。
清潔感のある人は好印象をもち、不衛生な人は嫌悪感を感じるのと同じです。少しオーバーな例えに聞こえるかもしれません。

ですが、Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)はあくまで写真を販売する事が目的なので写真を撮る際は買い手が欲しいと感じる写真を撮るように意識する事が需要ですね!

下の写真くらいはっきりと表情が出ていると良いですね笑 ↓↓↓

3つ目のテクニックです。
写真の差別化がカギ!

写真を差別化させると聞くと変わったものを撮ればいいの?と感じる方がいると思います。確かにそれも差別化です。ただココで言う差別化とはちょっと違います。
例えば組み合わせです。印象の違うものを組み合わせることで一風変わった写真やメッセージ性のある写真を撮ることが出来ます。

具体的なイメージが伝わらないと思いますので下に写真を用意しました。 ↓↓↓

この写真は手の上に葉っぱが乗っているだけのシンプルなデザインですが、この写真からはエコや環境を守るというようなイメージが伝わってきます。
このようにちょっと工夫するだけで他とは異なる写真が撮れます。

4つ目のテクニックです。
とことんベタな写真を撮る!

先程3つ目で差別化をはかるという話をしたのに今度はベタな写真?と思うことでしょう。
差別化した写真と対極関係にあるベタな写真は売れやすい傾向にあります。

差別化した写真は今までと違うものを求めるコアな写真を求める層にヒットしやすく、ベタな写真は皆さんが一番イメージしやすい情景を具現化したものなので幅広い層にヒットしやすいのです。基本的にはどんな写真をとっても構いません。

しかし、私がKasya2-Business(カシャカシャビジネス)をやってみて気が付いたのは売れる写真とはどんなものか、どんな写真を自分だったら欲しいかということを考えて写真を撮るだけで収入はもっと増やせるということです。

どうせやるならたくさんお金が稼げた方がイイですよね!

5つ目のテクニックはです。
角度を変えて撮影する!

被写体を平行に撮るのではなく様々な角度から撮影してみましょう。
例えば下の写真のように木を撮影した写真を2枚用意しました。 ↓↓↓ 

1枚目は遠くから木全体を写しながら夕日が美しく映る角度で撮影した写真です。
大きな木もこの角度で見ると地球の小さな一部だという印象を受けると思います。

2枚めの写真は林の中に日が差し込むなんとも幻想的な一枚です。同じ木を題材にしても角度や被写体によって様々な印象を受けます。
このサイトで何度も言っていますが、Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)は写真を販売してお金を稼ぐビジネスです。

ちょっとした工夫やアイデア一つで単価の高い写真を撮る事が出来ます。紹介した5つのテクニックはどれも簡単なことです。
特別必要な道具も面倒な準備も必要ありません。

実際にKasya2-Business(カシャカシャビジネス)で売れやすい写真の傾向とテクニックについて紹介しましたが、コレはあくまで個人的な意見ですのでKasya2-Business(カシャカシャビジネス)にこのような写真を投稿すれば100%売れるということではありません。

私の場合こういったテクニックを実践したことによって売上は取り入れる前の3倍以上になりました。
ただある程度の月日も経っていたので慣れてきたのかなという気もしますが私の情報で少しでも皆さんのお役に立てればと思っています。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)を始めた際はぜひこのようなことに注意してやってみてください。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)でよくネットに書き込まれているのが「あり得ない」とか「そんなうまい話あるわけない」という記事を見かける事があります。
ただ、実際私がやってみた感じだと「そんなことは無いんだけどな~、あげ足をとっているだけのように聞こえるけどな~。」という風に思っています。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)はそんなに難しいものでは無いですし、稼げないということもありません。
ココからは私がKasya2-Business(カシャカシャビジネス)と出会った時の話とその後について少しお話します。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)との出会いとその後

私は20代後半のサラリーマンです。この間昇進して今は主任として仕事も順調にいっています。
Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)と出会ったのは正確には覚えていませんが1年ほど前だったと思います。

当時は会社の新プロジェクトの一員として毎日忙しく働いていました。
毎日残業続きで上司に何度も資料のやり直しと注意を受けていたので精神的にも肉体的にも限界が近づいていました。

プロジェクトもようやく完成を迎えようとしていた時過労が原因で倒れてしまい病院に運ばれてしまいました。
幸い大事に至ること無く1週間の入院で済みましたが病室のベットでこんな働き方でいいのかなと悩みました。まだ20代の後半といえば働き盛りです。

体力には自身があった方ですがその時の一件で働き方について真剣に考えるようになりました。
退院後無事にプロジェクトが終わった私は今までの働き方を変えることにしました。

しかし、それでは収入が下がってしまうので何か負担のかからない仕事が無いかと探していました。
その時たまたま見つけたのがKasya2-Business(カシャカシャビジネス)です。

副業未経験者の私は知識も無かったので「Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)ってスマホで稼げるし簡単でいいな!」と思いそれだけの理由ではじめました。
始めてから1周間は結構稼げました。しかし思うように収入は増えていきませんでした。

スマホで写真を取るだけなので単純に量を増やしたりもしましたが収入はプラス1万円増えたかなと言うくらいでした。
私は自己流でどんな写真が売れるのか実験してみました。そして見つけ出したテクニックが上記に書いた❝写真を撮る時のテクニック5選❞です!

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)でもっと収入を得たいなら基本的なことにプラスした工夫が必要です。
私も誰かかこのテクニックを教えてくれたらもっと早く稼げるようになったんじゃないかなと感じました。

そんな思いからKasya2-Business(カシャカシャビジネス)に関する記事を書きました。少しでも皆さんの約に立てれば私としても嬉しい限りです。

最後に

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)はスマホで出来る効率的で賢いお金儲けだと私は思います。
副業を始めるにはいくつかの壁や困難が存在します。それでも副業を始めたいと考えている人は今を変えたい人だと思います。

私もそうでした。
体を壊したことをきっかけに変えなければならない、何かしなくてはいけないと考えたのがKasya2-Business(カシャカシャビジネス)を始めるきっかけでした。

いかがでしょうか?
みなさんもお手持ちのスマホでKasya2-Business(カシャカシャビジネス)をはじめて新しい生活を始めてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ