切り抜きを売るにも最低限のマナーがあります

売れさえすればネット副業で何をやっても良いという考え方は感心しません。やはり、最低限のマナーというか、そういうものが無ければいけません。余程お金に困っているのならば仕方無いかも分かりませんが、ある程度の余裕があるのなら絶対にすべきではないでしょう。例えばオークションでの切り抜き販売で、格安で仕入れた写真集を切って売るという様なやり方です。

確かにこれも切抜と言えるかも知れないのですが、一般的には雑誌や新聞などから切り取った物の事を言うはずです。雑誌と記載していないからと言って写真集を使うというのは良くない事だと言わざるを得ません。実は私もこの商品を購入してしまいそうになったのです。それは100ページを越えていた事もあって、相当お値打ちの様にも思えたのですが、掲載されている商品の画像を見ると、どこかで見憶えのある物ばかりだったのです。直感的にあの写真集のものだろうと思ったので、私は難を逃れましたが、かなりの被害者がいるものと推定されます。ちなみに評価一覧を見ると、悪い出品者であるとしている落札者の方がかなりいました。基本的には安全なのですが、稀にこの様な出品者もいますので注意しなくてはいけませんね。

ネット副業で切り抜きが商売になるのかという感じですが、これ自体は普通に成立します。自分で裁断して売るのもありですし、また、既に売られている物を落札して、それをバラして高値で売るなんていう方法もあります。あまりに露骨にやると、元々の持ち主から反感を買いそうですが、安く売って高く売るのが悪い訳では無いので許されるのではないかなぁという感じです。でもあんまり目立たない様にやった方が良いとは思いますけどね。

早速、切り抜き販売のネット副業をしてもいいですけど、その前に何度か自分で落札してみてください。どういう梱包をしているのかをチェックして真似すれば、自分が発送する時に困らなくて済むはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ