もし宝くじがあたったらどうしよう

お金を増やす方法と言えば働くことですが、それ以外にもお金を増やす方法はあります。例えば、宝くじなんてのも立派なお金を増やす方法です。宝くじはいつでも売られていますが、年末になると特に活気を帯びる気がします。年末ジャンボ宝くじがあるためです。今年の一等は7億円だそうです。7億円なんて金額、想像もできないものです。あれやこれやに使っても、かなり残ることになるでしょう。当たった時の使い道の妄想ですら、なかなかしにくい金額です。

今年も多くの人が一攫千金を夢見て宝くじ売り場にやって来ます。当選確率が高いお店なんてものもあり、そういったお店はお客さんでごった返しています。そういったお店であったとしても、確率から言えばほとんどが紙くずになってしまいます。それでも買いたくなるのですから、とても不思議な存在です。

当たったらどうしようかというナンセンスな妄想をしてしまいますが、それが宝くじの魅力です。皆さん、どんな夢を見ているのでしょうか。私なんかは、7億円のような大金は良いので、100万円くらい当たってくれないかなと思ってしまいます。確率はその方が上がりますし、それ以上もらうと、ちょっと気が動転してしまい、困ってしまう気がします。

同じお金を増やす方法でも、競馬なんかとはちょっと毛色が違うものです。競馬は運に加え、知識や経験が大きく作用してきます。しかし、宝くじにそのようなものは必要ありません。せいぜい、大きな当選金が出たお店のことを調べるくらいです。それくらい誰でもできることです。知識や経験はいらず、運一つで勝負する。そのハードルの低さが宝くじの良い所なのかもしれません。世界的に見れば、2000年以上も前から宝くじはあったそうです。それだけ長い間愛されているのですから、すごいなと思わされます。今年もまた、誰かが大金を手にします。そんな幸運な人間は誰なのか。もしかしたら、私なのかもしれないと夢見つつ、宝くじを買ってみたいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ