お金の増やし方・儲け方はどの道にあるか

お金の増やし方としては、人と同じことをやっていては無理という考え方があります。株の世界では人と同じことをやっているところに儲け方はないと言います。人の行く裏に道あり花の山なんてことを言います。

まあでも全く逆をやればいいというわけではなく、人が見向きもしない株を選んで買っても、いずれ上がるとは限らない。投資でもギャンブルでも、お金の増やし方、儲け方は期待値の高いものを買い、期待値の低いものを切るというところにあるのが理屈です。そして多くの人間が同じ立場で参加しているので、期待値は他人の心理を読むところにあるとも言えます。インサイダー的な特別な情報を握っていない対等な参加者の一人の場合です。

商売でも結局は同じで人の考えないニッチに儲け方があり、お金の増やし方があると考えたほうがよさそうです。お金の増やし方、儲け方に関しては、知的なジャンルでも、英語じゃダメでもっと熟達者が少ない言語が有利な場合もあるでしょう。

一方でスポーツ選手なんかは、特に人気のある種目の選手などは、ニッチを突くのではなく皆なと同じ部分で傑出して結果を出すという大変な世界ですね。お金の増やし方、儲け方は競技での能力を高めることだけだと。まあ世界によってはスポーツでも営業上手の方が、お金の増やし方・儲け方につながる世界もあるかもしれませんが、それでも競技の能力が十分あってこその営業力でしょうね。

お金の増やし方だけ考え、儲け方だけ考えて知名度を上げた人もいますが、ちょっとした間違いで塀の中にはいってしまいました。

お金の増やし方・儲け方の前に使い方を考えるという逆転の発想はどうでしょうか。使い道がイメージできていなければ稼ぐモチベーションが湧きにくいというようなことも。まあ使うイメージだけあって儲け方がわからない、お金の増やし方がわからないという場合も出てくるかもしれませんが、使うイメージを持ててたぶん楽しみがあって良い時間でした、みたいな。一方、お金の増やし方、儲け方を考えている時間が楽しい人はそれを考えるのも良いと。

サブコンテンツ

このページの先頭へ