お金の増やし方や儲け方というのは簡単ではないです

お金の増やし方としては、収入を大きくして支出を減らすことですね。収入の増やし方は儲け方とも言えますね。総合的に考えると紙幣を印刷するのは、お金の増やし方にはならないですね。コンテキストから言って、そういう意味ではないと判断できますから。儲け方と近い意味だと解釈すべきですから。

タイムイズマネー、時は金なりといいますから、お金の増やし方は時間を増す方法ですか? ところが時間は増えませんので、つまりお金の増やし方は無い、したがって儲け方もないということになりますか? なりませんね。時は金なりと言っても、まったく同じものだとは言ってませんから、時間は増えないから儲け方はないという理屈にはならないと考えるのが常識なんです。

じゃお金の増やし方というのは、なにに依存して決まるんでしょうか? つまり儲け方はですね、どういう因子で決まるのでしょうか? それが分かれば皆さんが実行してますね。お金の増やし方というのはなかなか難しいもので、儲け方が難しいのと同じです。タヌキが木の葉をお金に変えるようなわけにはいかないんですよ。

お金の増やし方をじっくり考えた人は多くいたでしょうが、それで儲け方が解明されるとは限らない。解明した、発見したとネット上ではよく見かけますが、ほんとかどうかは分からない。お金の増やし方を見つけた人が、ネット上で儲け方を教えますと言っているというのも何か変な感じです。

金銭の貯め方というか儲け方というか、表現はどうにせよ、なかなか発見は難しく、こつこつ働いて節約してくらすのが一番のお金の増やし方で、それは儲け方にも通じるんだよなんて話が、ちょうどいい結論だったりしませんか。

しかし、それだけではあまり面白くない。ちょうどよくても面白いとは限らないんですよ。そんなわけでお金の増やし方をこうズバッと掴んでしまって儲け方を極めたいと思う人も出てくるわけです。まあいずれにしても法の範囲内でのお金の増やし方や儲け方にしておくべきなのは言うまでもありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ